【2016年3月】au、セットで月額4900円の「データ定額1」開始

au-1gb
総務省は2015年暮れ、各キャリアにスマートフォン料金の負担軽減を要請。ソフトバンクは1GB/2900円、ドコモは家族で分け合える3GB/6500円のデータ料金をすでに発表している。基本料金などと合わせると、ソフトバンクも月額4900円から、またドコモは3人家族のモデルケースで1人4500円からスマホが利用できる計算だ。


KDDI、月間1GBの「データ定額1」発表 スーパーカケホとセットで月4900円に – ITmedia Mobile

【新プラン】安倍首相の鶴の一声に先ず応えたのはSoftBank | auとかデジ

  • auからも総務省の要請の応えた、データ通信をあまり利用しない方向けのプランが発表されました。月間データ容量1GBの「データ定額1」で、月額2900円。この定額サービスだけでは契約できませんでセット加入となる月額1700円の「スーパーカケホ (5分以内の通話ならかけ放題)」と月300円のLTE NET代とあわせた、「月額4900円」からの料金プランとなります。

  • 固定通信とのセット割引「auスマートバリュー」も適用すると、最大2年間は934円引かれて月額3966円となります(2年経過後は500円割引)。

  • 24時間かけ放題の「カケホ」(月2700円)との組み合わせは利用不可。データ繰り越しもできません。

  • 安倍首相「ツルの一声」も、3社ほぼ横並びのプランを引き出すのが精一杯。長期契約者にも「適正化」が欲しいところですが、結局端末代等で帳尻は合わせてくるのでしょうし、やはり実感できる安さへの期待は競争激化の「格安SIM」という選択肢しかなさそうです。