【2万8800円】「auひかり ホーム」解約時の撤去工事費用が必要に

――「auひかり ホーム」でなぜ、設備の残置(撤去費用なし)を選べなくなったのでしょうか

「auひかり ホーム」は、戸建て向けサービスですが、引き込み設備を残置する場合、撤去または再利用されるまでの期間、設備の保守管理にかかる費用を当社が負担してきました。ただ、残置設備が非常に多く、再利用が進んでおらず、今後さらに増えていく見込みで、保守管理にかかるコストがふくらんできています。このため、残置対応を継続するのが困難になり、残置をやめ、費用負担の考え方を見直しました。


高すぎ? 「auひかり ホーム」解約時の撤去費「2万8800円」の理由 「拒否したら賠償金」の記載は「修正する」とKDDI – ITmedia NEWS



auひかり ホーム | 工事内容 | 光ファイバー auひかり:インターネット回線 | au


2018年3月1日以降「auひかり ホーム」を契約した方は、解約時に設備の撤去費用が必要になります。


これまでは、撤去費用1万円で、撤去しない(費用ゼロ)という選択可能でしたが…これからは2万8800円(税別)が必要に。撤去しないという選択も不可に。


結局、保守管理コストの見直しで、設備残置を続けられなくなったとの事。これまでの撤去費用1万円というのもKDDIが1万8800円分負担していたとの説明。


撤去工事には、工事の立ち会いが必要。土日祝日に工事を行う場合には、別途3000円が必要。


「auひかり マンション」のユーザーは対象外。また引っ越し先でauひかりに移行した場合も、撤去料は不要。


KDDIの勧誘電話がしつこいので、今度かかってきたらコレを言ってやろうと思います。


関連記事

auが、月額100ドル未満の個人宅向けFTTHサービスで世界最速という「auひかり ホーム10ギガ」と「auひかり ホーム5ギガ」の受付を2018年3月1日から開始します。



UP

これに対して、NTT東西、NURO、ケイ・オプティコムの3社ともに、サービスの解約時、光回線の引き込み線設備をそのまま残す“残置”を選ぶことができ、その場合には費用は掛からない。ただし、宅内に設置された回線終端装置だけは回収され、その送料についてケイ・オプティコムではユーザー負担になるとしている。なお、ケイ・オプティコムによれば、集合住宅の場合は基本的には“残置”となるという。


光回線の撤去費を3社に聞いてみた:NTT東西は無料、NUROとケイ・オプティは1万円据え置きで残置も可 – INTERNET Watch