au、親が制限できるスマートフォン「miraie f(ミライエ フォルテ)」発売

au-kyocera-miraie-f-kyv39-01

au-kyocera-miraie-f-kyv39-02

au-kyocera-miraie-f-kyv39-03

au-kyocera-miraie-f-kyv39-04

miraie f | 京セラ

価格は3万2400円(税込、以下同)だが、キャンペーンにより2万1600円で提供される。キャンペーンの終了時期は未定。毎月割は月額420円×36回(総額1万5120円)これらの割引を差し引いた実質負担額は6480円となる。


ジュニアスマホ第2弾「miraie f」、Playストアも対応 – ケータイ Watch

OSAndroid 6.0
Battery2600mAh
MemoryRAM 2GB / ROM 16GB
Display4.7インチHD TFT液晶
CPUMSM8917 1.4GHz クアッドコア
Cameraメイン1300万画素 / フロント200万画素

京セラがジュニア向けのスマートフォン「miraie f(ミライエ フォルテ)」を発売しました。

初号機miraieでは非対応だったGoogle Playに対応。又初号機のデザインはいかにもジュニア向けという感じでしたが、改善された印象。

有害サイトや危険アプリを自動でブロックするフィルタリング機能を標準搭載。学齢を選ぶだけで簡単にフィルタリングレベルを設定できます。

アプリ毎の使用制限、スマートフォンの利用制限(時間帯、1日のトータル利用時間、1日のトータル通話時間)、電話帳制限も保護者メニューから設定可能。

不適切な「言葉」を入力すると警告する「あんしん文字入力」を搭載。「言葉」を保護者が設定する事も可能です。

周辺を自動撮影して居場所情報とともにメールするカメラ機能付き防犯ブザーを搭載(側面に専用ボタン有り)。

MIL規格準拠の耐衝撃、防水、防塵、VoLTEに対応。テレビ、おサイフケータイ、ハイレゾ、au世界サービスには非対応です。