してやったり、というauスーパーカケホ

au-sb-docomo-1509

au-sb-docomo-1509-b
――3GBという落としどころは、結構ギリギリのところだったと。

田中氏
 社内は反対でしたよ(笑)。でも、いいんだよ3GBでって。「電話を使わない」という意見は多いんですよね。だから1700円という料金設定はインパクトがあると思っていた。

 iPhone発表時、僕は出席するため、米国にいました。アップルと打ち合わせしたとき、「まだ発表前だからナイショだが、実はこんなプランを出すんだ」と。そしたら、向こうはのけぞった。よくそんな大胆なことをすると。

 結構インパクト、あったでしょ? データ使わない人にもおトクになるし、今回すごく良かったと思っている。発表したら、ソフトバンクさんは追いかけてくるだろう、ドコモさんもひょっとしたら来るかもしれないと思っていました。うちにとっては減収になりますが、勇気を出した。するとデータ通信の(3GBのほうは)ついてこれなかったのでしてやったりですよ。


[「アップルの人ものけぞった」、KDDI田中プロが語る新プランの舞台裏] 政府の値下げ意向、冬春モデルはどうなる – ケータイ Watch

なぜKDDIのように値下げできなかったのか。ソフトバンクとドコモの悩みは共通している。ユーザー獲得のためには追随しなくてはならないが、1契約当たりの通信料収入を下げるわけにはいかないのだ。


携帯各社の新料金プランは、どこが得なのか | 東洋経済オンライン

携帯電話市場が成熟するなか、総務省が2年契約を条件に料金を割り引く「2年縛り」の是正を要請。各社はヘビーユーザーに手厚い料金プランで「値下げしたように見えて値下げにならない」(KDDI幹部)工夫に知恵を絞る。


ドコモ、通話料値下げで300億円減収予想 3社、利益確保にしのぎ – SankeiBiz

  • 無料は5分まで、のかわりに1000円値下げした「月1700円」の新しい音声定額プラン。一見3社横並びだが、auは「3GB」のデータ定額料金プランを選べるので他社より安く。当初は業績面で安全な「5GB」からや、「4GB」の新プランも検討したが「3GB」を決断し、CMも短期間で制作したんだそうです。

  • auの発表後ソフトバンクがすぐ追随したのに、ドコモは決断まで5日間。減収額はKDDIとソフトバンクが50億前後に対して、契約者の多いドコモは200億~300億円の予想。

  • 3社とも一見かなりの値下げに見えますが…データ定額プランとセット契約しなければならないので、時間制限やデータ容量を余らす割りには結局トータルでは小幅な値下げだったり、かえって値上げというパターンも。KDDI幹部「値下げしたように見えて値下げにならない」。

  • ちなみにauのデータでは、通話は西日本の方が多く定額をやると西で減収。通話時間が一番長いのは、沖縄だそうですよ。