2015年2月「ドコモ光パック」で、auスマートバリューに対抗


ドコモ光

docomo-hikari-p


2015年3月期 第2四半期決算説明会資料 (pdf)

販売価格は検討中だが、「ドコモ光」は、NTT東日本が個人向けに提供している光サービス「フレッツ光」の月額4500円(2年契約)と同水準になる見通し。データ通信と定額通話の料金プランとのセット割引料金は単純合算より2割前後引き下げたい考えだが、「最初から価格競争をするつもりはない」(ドコモ幹部)。ただ、当初は販促キャンペーンなどで、先行するKDDIに対抗する。


ドコモ「携帯・光」セット割引でKDDIに対抗 来春、2割安前後で検討 – SankeiBiz

ドコモ、4~9月14%減益 通期予想を下方修正:日本経済新聞

Check

  • 2015年3月期第2四半期決算説明会で、下期重点施策として「ドコモ光パック」の導入を明らかに。

  • NTT東西の光回線(最大1Gbps)と、ドコモのモバイルサービスとのセット割引。2015年2月にスタート。

  • 合算料金で約2割前後安くなる模様。

  • 「ドコモ光パック」の料金は、新料金プラン「カケホーダイ&パケあえる」のシェアパックが上位プランになるほどお得になる模様

  • 2014年4~9月期決算の方は、14%減益。音声定額の新料金プラン導入でヘビーユーザーが移ってしまい、音声収入が落ち込む。