【ドコモMONO】一括648円で買える防水防塵・ハイレゾ対応スマートフォン発売!

docomo-zte-mono

docomo-zte-mono-01

docomo-zte-mono-02


MONO MO-01J

docomo-zte-mono-switch

docomo-zte-mononosuke

シンプルかつ高品質をコンセプトにしたスマートフォン「MONO」、NTTドコモより12月上旬発売 – ZTE Japan

まず驚いたのがその価格だ。SIMロックフリーのいわゆる「格安スマホ」の場合、安くても約1万円台後半が相場。一方のMONOは一括で648円(税込)と桁違いだ。安すぎるとも感じるが、これはMONOの購入時には端末購入サポートの契約が必須なため。購入から12カ月以内に機種変更すると、解約金として1万5876円(税込)が発生する。つまり一括648円は割引後の実質価格というわけだが、店頭で648円を支払えば端末を入手できるお得感は大きい。


一括648円の驚安スマホ「MONO」は買いなのか? – ITmedia Mobile

OSAndroid 6.0
Battery2440mAh
MemoryRAM 2GB / ROM 16GB
Display約4.7インチ 720×1280(HD)
CPUQualcomm MSM8952 1.5GHz(クアッドコア)+1.2GHz(クアッドコア) オクタコア
Cameraメイン1330万画素 / フロント490万画素

とことんコスト削減モデルではなく、側面にマナーモードスイッチやストラップホールも付いていて、かなり好印象なシンプルスマホ「MONO」

NTTドコモ企画・開発による初のオリジナルスマートフォン。設計・製造担当は、ZTEジャパンです。

ディスプレイと背面にGORILLA GLASS 3を採用。電源と音量キーにはアルミ素材を使用しています。

キャップレス防水、防塵、VoLTE、Bluetooth、そしてハイレゾ再生に対応。おサイフケータイ、ワンセグには非対応。

きせかえで、MONOオリジナルキャラ「ものの助」を設定可能。着信・アラーム音・時計ウィジェットもMONOオリジナルなものを用意してるそうですよ。

1年間使わないと解約金発生とはいえ、一括648円のいきなりお買い得プライスで、2016年12月上旬から発売です!