フリーテル、高性能スマホ「極」と安いスマホ「priori 3」予約日確定

KIWAMI_black_back_gold

KIWAMI_09-2

KIWAMI_white_back
極は、同社のAndroidスマホブランド「SAMURAI(侍)」シリーズのフラッグシップモデル。チップセットは、MediaTekの「helio X10」を採用。CPU部は8コアで、最大周波数は2.0GHz。メモリは3Gバイトで、ストレージは32Gバイトを搭載する。

 ディスプレイは、ワイドクアッドHD(1440×2560ピクセル)解像度の約6型IPS液晶を搭載する。メインカメラはソニー製で、2100万画素のセンサーと6層レンズを組み合わせることで、より明瞭な写真を撮影できるという。インカメラは800万画素のセンサーを採用し、ワイド撮影や顔認識機能にも対応する。


Priori3 LTEも予約受付へ:FREETEL、フラッグシップスマホ「極」を11月20日発売 受注生産の限定版も – ITmedia Mobile

――「雅」の売れ行きは予想以上だったというが、10万台を超えるような規模か?

 予想以上だった。(10万台は)超えると思う。本当にありがたい話だ。2年前に第1弾製品として「Priori」を発売した。販売台数は、「Priori 2」でグンと伸びた。1万9800円といった価格帯の「nico」も出したが、これの動き(売れ行き)ははっきりいって良くなかった。製品も足らない部分があった。

 なので「雅」はどれぐらいいくのか、不安があった。「Priori 2」の成功があったので、それなりに“弾”は仕込んだが、一瞬で売り切れてしまった。今回増産している台数は、さきほどの台数(10万台)をすでに超えている。


FREETELの新製品と世界展開、増田氏への一問一答 – ケータイ Watch

SAMURAI|FREETEL(フリーテル)

freetel-Priori-3-LTE

フリーテル、1万2800円のスマホ「Priori 3 LTE」 | auとかデジ

  • 2015年6月にFREETELのフラッグシップスマートフォンとして発表された「SAMURAI KIWAMI (極)」の発売日がやっと確定しました。

  • 発売日は11月20日で、お値段は3万9800円(税別)、受注生産の和柄が5万9800円。この「極」スマホは、金箔塗装が要る和柄モデルだけではなく、他の2色(ブラック・ホワイト)も含め「数量限定」生産なんだそうです。同じ侍シリーズの「雅」(1万9800円)は一瞬で売り切れ、という予想以上の反応との事ですので、絶対欲しい方は予約必須。予約受付開始日は11月16日です。

  • 1万2800円で買えるAndroid5.1搭載LTE対応業界最安スマホ「Priori 3 LTE」もいよいよ登場。こちらも11月16日から予約受付、ですが発売日は未だ確定せず…。予約日までに決定するとの事です。


  • Related