【購入・雑感】富士フイルムの「XF18-135mm」とPENTAXの「DA18-135mm」

基本的には、どちらも好きな「便利ズーム」です。

fuji-xt1-pentax-k30 18-135mm
左がPENTAXのK-30(650グラム)とsmc PENTAX-DA18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR(405グラム)。右が富士フイルムのX-T1(440グラム)とフジノンレンズ XF18-135mmF3.5-5.6 R LM OIS WR(490グラム)。フジノンの方は箱からして大きいです。


fuji-xt1-pentax-k30-18-135mm

fuji-xt1-pentax-k30-18-135mm
fuji-xt1-pentax-k30 18-135mm
テレ端ニョッキリ158mm。


fuji-xt1-pentax-k30 18-135mm

fuji-xt1-pentax-k30 18-135mm
X-E1に付けるとこんな感じ。



  • やけに強気な価格設定だなぁと感じたのですが、検討時点ではXマウントで防塵防滴というとこのレンズが唯一だったのと(その後XF50-140mmF2.8 R LM OIS WRやXF 16-55mm F2.8 R LM WR(2月発売?)がレンズラインアップに追加)、またキャッシュバックもありましたので購入。

  • PENTAXのDA18-135mmだって別に悪くはないレンズなのですが、周辺の描写と光量が気になって躊躇したくなる場面がありました。XF18-135mmならワンランク上の描写という感じでAFも快適。さらにこのレンズの強味として世界最高5.0段の手ぶれ補正がありますので(あまり頼みにしてると写真が下手くそになりそう)、強気な価格設定というのも、まぁわからんではないなぁと。

  • ただ、あまり褒められない、他人へオススメされないレンズかもしれません。防塵防滴を無視できる場合、この予算であれば素敵な単焦点レンズ達の方を選択し、ボカした画像を撮ればわかりやすく感動できるでしょうし…あとはサイズ面もあります。ギリギリ許容範囲ではあるのですが、せっかくの小型ボディという長所を損なう方向はつまらんと思うのです。じゃあ小さくするから描写をあきらめて、手ぶれ補正も外していいか?と問われれば答えはNOなのですが…。できればXF18-55mm、これを防塵防滴にしてくれませんかねぇ(安くて軽いXC16-50mmとの差別化の為にも)。XF18-135mmを使い出したら、こちらのレンズを再評価したくなりました。標準ズームとしてはよく映るのと、なんだかホッとするというか、私の用途の場合あらためて撮り歩き時のバランスも大切だなぁと感じた次第。

  • 2015年1月現在、PENTAX K-3と18-135のレンズキットが価格コム最安で約11万8000円、K-50(こちらも防塵防滴)と18-135のセットなんか約5万5000円で手に入っちゃいます。K-3と18-135の組み合わせの場合、描写がかなりよくなるともききますし、「防塵防滴」が要る日はPENTAXに任せて使い倒す、という選択肢もアリではないのかなぁと。やっすいのぉPENTAX。


  • 追伸.1
    次回は「防塵防滴」の記事をUP予定。



    富士フイルム「X-T1」購入・レンズ雑感
    富士フイルム「X-T1」購入・レンズ雑感





    UP
    【大雨時の撮影】富士フイルムとPENTAXの防滴性能、感想
    【大雨時の撮影】富士フイルムとPENTAXの防滴性能、感想