富士通からmineoにぴったりなVoLTE対応SIMフリースマートフォン

fujitsu-arrows-M02
auとドコモのネットワークで利用できる機種は、国内ではiPhoneに続くもので、まだまだ珍しい。どちらかのネットワークだけしか使えない機種ばかりのなかで、マルチキャリア戦略を進めるmineoでは、2つの回線が使える「arrows M02」の登場により、ユーザーがどちらの回線でも利用しやすい環境となった。mineoでは、今後の主力商品に位置付ける。


mineoから「arrows M02」、マルチキャリア対応 – ケータイ Watch

ディスプレイは、5型でHD(720×1280ピクセル)解像度の有機ELを採用している。ボディの幅は69ミリに抑えられていて、片手でも使いやすくなるように工夫されている。また、ボディは防水・防じん性能に加え、米国防総省の物品調達規格「MIL規格」に準拠した耐高温・耐塩水・耐衝撃性能も確保している。バッテリー容量は2330mAhで、富士通独自の「ヒューマンセントリックエンジン」によって3日間(富士通測定値)充電せずに使えるという。


頑丈さも特徴です:富士通、おサイフケータイとVoLTE対応のSIMフリースマホ「arrows M02」を発表 – ITmedia Mobile

arrows M02 – 富士通

mineo(マイネオ) ホーム

mineo、ドコモプランスタートでやけに太っ腹なキャンペーン | auとかデジ

  • au回線プランとドコモ回線プランから選べるマルチキャリア対応の格安スマホサービス「mineo」、にぴったりなSIMフリースマホ「arrows M02」が富士通から発表されました。

  • 防水防塵だけではなくタフネス仕様。さらにおサイフケータイや国内のSIMフリースマホとしては初というVoLTEにも対応しています。発売は11月19日、価格は11月上旬に発表との事。

  • あわせてau VoLTE対応SIMの提供も発表されました(11月19日開始)。対象はau VoLTE対応端末かつ「SIMロック解除」が必須となります。現在動作確認できているのが、isai vivid LGV32、HTC J butterfly HTV31、Xperia Z4 SOV31、AQUOS SERIE SHV32、AQUOS K SHF32、URBANO V02、TORQUE G02、Galaxy S6 edge SCV31、そしてaroows M02。既存ユーザーは手数料2000円でSIM交換可能です。
  • Related