【チェキ史上初】富士フイルム、ハイブリッドインスタントカメラ「instax SQUARE SQ10」








instax SQUARE SQ10(インスタックススクエア) | FUJIFILM


富士フイルムがデジカメとのハイブリッド「instax SQUARE SQ10」とスクエアフォーマットフィルム「instax SQUARE Film」 を発表。


チェキシリーズ初となるデジタルイメージセンサー(1/4型CMOSセンサー・記録画素数1920×1920)を搭載。AF、自動露出、人物検出、夜間撮影、近距離、フィルター、周辺光量の調整などが可能。もちろん内蔵メモリ(50枚)やmicroSDへの保存が可能です。


レンズは28.5mm固定(35mm換算)、F2.4。


チェキシリーズ初となるスクエアフォーマットを採用。プリント時間は約12秒で、撮影直後や撮影画像から選択してプリント可能。


液晶モニターは3.0型TFT(約46万ドット)。バッテリーはNP-50で約160枚撮影可能。左右に2つのシャッターボタンを搭載。


お値段はヨドバシカメラの場合3万1860円(+ポイント10%)。スクエアフィルム(ISO800、10枚)は1350円(+ポイント10%)。2017年5月19日より発売。


「デジタル」は至極便利ではありますが、偶発と稀少を削いでいく要素でもあるので、ムズカシイところですね。