「ガラケー」生産が終わる日


パナソニックなど日本の携帯端末メーカーが独自の基本ソフト(OS)を載せた従来型携帯電話、通称「ガラケー」の生産を2017年以降に中止する。スマートフォン(スマホ)の普及が進み、ほぼ日本だけで通用する従来型携帯は開発が重荷になっていた。コスト削減のため、開発する全端末のOSをスマホの標準である米グーグルのアンドロイドに統一する。日本がかつてけん引した従来型携帯の基幹技術がその役割を終える。


従来型携帯の生産終了 国内各社、17年以降 – 日本経済新聞

これを受けてTwitterで「生産終了」がトレンド入りするなど話題に。ガラケーを使っている人からは「困る」という声が。ガラケーはなくしても料金プランは残してほしいとの要望や、高齢者にスマホは使いづらいのではとの心配も聞かれます。「ひとつの時代が終わった」「さみしい」と感慨にふける人も。


「ガラケー生産終了」報道にネットざわめく 「困る」「ひとつの時代が終わった」 – ねとらぼ

【2015年夏モデル】ドコモもアンドロイド搭載ガラケーを発売予定 – auとかデジ

au-sharp-AQUOS-K-SHF31

【Androidガラホ】au、折りたたみケータイの進化形「AQUOS K SHF31(シャープ)」発表 – auとかデジ

Check

  • 日経新聞が、2017年以降に従来タイプの携帯電話「ガラケー」の生産終了を伝える。スマートフォン普及と、コスト削減のため。

  • ただし、折りたたみやボタン式の端末は中高年を中心に需用がある為、外見は「ガラケー」、中身は独自OSではなく「Android」な端末を生産・発売していく。

  • auは既にシャープ製の「ガラホ(ガラケー+スマホ)」を発売済み。ドコモも年内に複数の機種を投入予定。

  • 「iモード」などのサービスは当面維持。