【SIMフリー】ファーウェイのフラッグシップLTEスマホ「Ascend P7」9月5日発売


huawei-AscendP7
「Ascend P7」は、5インチのフルHDディスプレイを採用する、Android 4.4搭載スマートフォン。ディスプレイ表面および背面には、Gorillaガラス3を採用する。チップセットは、ハイシリコン製の「Hisilicon Kirin 910T」で、CPUは1.8GHz駆動のクアッドコア。16GBのストレージ(ROM)、2GBのメモリ(RAM)が用意され、32GBまでのmicroSDHCカードも利用できる。


ファーウェイ、ハイエンドの「Ascend P7」9月5日発売~4万6800円 – ケータイ Watch

クラフツマンシップ(職人)が作り上げたような質感を出すために、金属素材を多く取り入れたこともポイントの1つだ。スマートフォンに金属素材を使うとコストが上がるだけでなく、アンテナ感度が落ちるなどパフォーマンスの低下を招きかねないが、キム氏は「Ascend P7は最高品質の素材を採用することで、所有者にプレミアムな体験を与えられる」と考え、金属素材にあえてチャレンジした。表面には細かいテクスチャーを取り入れ、本体表面は7層の素材で仕上げられている。側面や角などディテールの仕上げにもこだわり、「職人芸」ともいえる要素をちりばめた。


デザイン/カメラ/通信を再設計――世界最薄LTEスマートフォン「Ascend P7」の全容 (1/3) – ITmedia Mobile

サイズ約68.8 ×139.8 ×6.5 mm
重量約124グラム
バッテリー2500mAh
メモリROM 16GB / RAM 2GB
ディスプレイ5インチ(1920×1080 445ppi)
OSAndroid 4.4
CPUHisilicon Kirin 910T (1.8GHzクアッドコア)
カメラメイン1300万画素 / フロント800万画素

Check

  • 70以上の国と地域で販売されているハイエンドモデル「Ascend P7」。日本では9月5日に発売。

  • 1300万画素のメインカメラはソニー製裏面照射型CMOSでF2.0、28mmレンズ。インカメラは500万から800万画素へ強化。自分撮りもきれいに撮れるビューティモードや、グループ版「Selfie」といえるパノラマ撮影「Groufies」機能搭載。

  • お値段は、4万6800円(税抜)。

  • [youtube]https://www.youtube.com/watch?v=c36XCdGJdVI[/youtube]