【J.D. パワー顧客満足度2017】格安スマホ/SIM1位は、mineoとDMM mobile








2017年格安スマートフォンサービス/格安SIMカードサービス顧客満足度調査 | J.D. Power


J.D. パワーとしては第一回となる、格安スマートフォン/格安SIM満足度調査の結果を発表しています。


全国20~64歳の男女(法人除く)を対象としたインターネット調査。SIMとスマートフォンも一緒に購入したユーザー4000人、SIMカードのみ契約したユーザー4000人、計8000人からの回答。

端末とセットで契約したユーザーの満足度1位は「mineo」(622ポイント)。「通信品質」、「各種費用」、「サービスメニュー」、「手続き・サポート対応」で高評価。特に「手続き・サポート対応」が7社中トップ。2位は「通話品質」がトップの「UQ mobile」(618ポイント)、第3位は「各種費用」がトップの「FREETEL」(615ポイント)。以下、4位「楽天モバイル」、5位「BIGLOBE」、6位「Y!mobile」、7位「イオンモバイル」。結果にはIIJmio、OCNモバイル ONE、DMM mobile、NifMo、LINEモバイル等は含まれておりません(一定のマーケットシェアを満たしているブランドが対象との事)。


格安SIMカード単体単体契約した方の満足度1位は、「各種費用」がトップ評価の「DMM mobile」(652ポイント)。第2位「mineo」(647ポイント)、第3位は「UQ mobile」(641ポイント)。以下、4位「FREETEL」、5位「IIJmio」、6位「イオンモバイル」、7位「BIGLOBE」、8位「OCNモバイル ONE」、9位「楽天モバイル」、10位「Y!mobile」。こちらの結果もLINEモバイル、NifMoなど一定のシェアを満たしていないブランドは除外されています。


格安スマホ・格安SIMサービス自体の顧客満足度は、ドコモ・au・SoftBankと比べても総合評価は高いとの事。特に費用面で7割以上が切り替えて良くなったと回答。


一方、「通話品質」において2割程度が悪くなったと回答。特に昼や夕方~夜間の品質改善を求める声が最多。


総じて「mineo」の評価は高いですね。バーゲンセールをやってくれる「楽天モバイル」は、スマートフォンのセットでないと順位が落ちてしまうというのは、妙に納得。