【30年の歴史】auが「ケータイ図鑑」を公開中

au-ketaizukan-a

au-ketaizukan-0

au-ketaizukan-1

au-ketaizukan-b

au-C405SA-SANYO

au-C409CA-CASIO

au-neon-b

au-media-skin
auブランドの携帯電話の歴史は2000年に始まり、これまで多くの携帯電話を世に送り出してきました。携帯電話で初めて耐衝撃、耐水などの機能を取り入れ2000年に発売された「G’zOne」シリーズや、国内初の音楽再生機能付き携帯電話「DIVA C404S」、2003年にはau design projectの第1弾「INFOBAR」が発売するなどauはさまざまなウォンツにお応えした商品を提供してきました。


auケータイ図鑑|おもいでタイムライン

携帯電話を一同にまとめた「auケータイ図鑑」だからこそ分かる、「初~」シリーズをご紹介します。

au-ketaizukan-c
au-ketaizukan-d


あのケータイもきっとある、「auケータイ図鑑」を公開 どーんと、約30年分! 600以上の携帯電話が勢ぞろい | KDDI株式会社

  • auが600以上の端末を掲載した「ケータイ図鑑」を公開しています。

  • 日本移動通信(IDO)の設立は1987年3月。翌年12月に発売した重さ2.6キロのショルダーフォン(松下通信工業/三菱電機)からスタートして、DDIセルラーやツーカーなども含んだ約30年のヒストリー。

  • 郷愁もありますが、進化のわかりやすさとデザインへの挑戦もありましたので、眺めていて楽しいのは断然「ケータイ」時代ですね。久々にneonやMEDIA SKINでも引っ張り出してきて、赤色LEDや手触りを懐かしんでみようかと思います。







  • おまけ
    HDDに残っていた発掘画像

    au-infobar2-mediaskin-neon
    INFOBAR2とMEDIA SKINとneon。




    IDO(日本移動通信) 常盤貴子
    IDOの常盤貴子さん。