【タフネスSIMフリー】京セラのミリタリースペックスマホ「TORQUE(トルク)SKT01」、ダイワボウが販売!


kyocera-daiwabo-TORQUE-SKT01

kyocera-daiwabo-TORQUE-SKT01

「TORQUE(トルク)」を国内市場で販売開始 | ニュースリリース | 京セラ

ダイワボウおよび京セラによれば、法人だけではなく、個人ユーザーでも購入できるとのこと。販路については量販店や通販サイトでも取り扱われる見通し。オープンプライスだが、価格は10万円前後になる見込み。この際、SIMカードは付属せず、端末だけの提供になる。

 昨年11月には「京セラ製のタフネススマホをドコモが法人向けに販売」と一部で報道されたものの「決まったものはない」と両社ともにコメント。「TORQUE」はSIMロックフリーの端末であり、京セラでは現在もその状況に変更はないとして、今回の販売はドコモへの参入というわけではないとしている。


京セラのタフネススマホ「TORQUE」、3月に国内で – ケータイ Watch

TORQUE(SKT01) | 京セラ

サイズ約129×69×13.7mm
重量約171グラム
バッテリー2,520mAh
メモリROM 8GB / RAM 1.5GB
ディスプレイ4.0インチ WVGA(480×800)
OSAndroid 4.2
CPUQualcomm Snapdragon MSM8960 Dual Core 1.2GHz
カメラメイン800万画素

POINT

  • 2013年3月に米国発売の「TORQUE」をOSはAndroid 4.2、カメラは500→800万画素、メモリも増量などスペックアップして国内投入。販売はダイワボウで、3月下旬以降販売予定。

  • 米国国防総省軍事規格に準拠のタフネスSIMフリースマホ。防水、防塵、耐衝撃、温度耐久、耐振動、塩水耐久、防湿、耐日射、低圧対応。

  • 作業手袋をしたままでも電話に出られるダイレクトボタンや、ハンズフリーでも大音量(100dB以上)のダブルスピーカー、相手の声がクリアにきこえるスマートソニックレシーバーを搭載。NFC対応。

  • ネットワークはNTTドコモのLTE「Xi」で接続確認。ドコモの独自サービスには対応せず。