au、ケータイを意識した高耐久性能スマホ「URBANO V03(京セラ)」発表

au-kyocera-urbano-v03-a

au-kyocera-urbano-v03-b

au-kyocera-urbano-v03-c

au-kyocera-urbano-v03-d


URBANO V03 | 京セラ

価格は新規・機種変更・MNPともに同額で、3万7800円(税込)。毎月の通信料から割引する毎月割は総額1万6200円。実質負担額は2万1600円となる。


au、通話専用ボタンを搭載する「URBANO V03」 – ケータイ Watch

OSAndroid 6.0
Battery2600mAh
MemoryRAM 2GB / ROM 16GB
Display5.0インチHD TFT液晶
CPUQualcomm Snapdragon MSM8937 1.4GHz クアッドコア+1.1GHz クアッドコア
Cameraメイン1300万画素 / フロント500万画素

auが、ユーザーの要望を反映したという「URBANO V03」を発表しています。

専用の「電話ボタン」を搭載。着信時は長押しですぐに電話に出られます。画面ONの時の長押しの場合は、ワンタッチで電話やメールが可能な「ペア画面」表示となります。

ケータイの待受をイメージした「エントリーホーム」搭載。また、文字入力時にはケータイのようなテンキー入力が可能。

防水、防塵だけではなく、米国国防総省の調達基準(MIL-STD-810G)に準拠した耐衝撃、耐振動、温度耐久(高温/低温)性能を確保。ディスプレイには傷がつきにくい「Dragontrail X」を採用しています。

おサイフケータイ、赤外線に対応。CA、テレビ、ハイレゾには非対応。

お値段は3万7800円で、2016年12月上旬から発売予定です。