【スマホで光学10倍】Hasselbladトゥルーズーム発売

hasselblad-moto-34-with-phone-white

hasselblad-moto-front-image1

hasselblad-moto-side-white


ハッセルブラッドトゥルーズーム | Moto Mods Motorola

最大の特徴は、背面に専用の端子を搭載し、「Moto Mods」としてオプション機能パーツを背面に合体させられるところ。本物志向のデザインカバーを始め、拡張バッテリー、カメラ、プロジェクター、スピーカーなどをラインナップし、マグネットで簡単に着脱できる。Moto Zは本体が超薄型に仕上げられたことで、これらを装着したままでもコンパクトに使用できるようになっている。


モトローラ旗艦モデル「Moto Z」や「Moto Z Play」登場、SIMフリーで10月中旬出荷 – ケータイ Watch


モトローラ最新スマホ「Moto Z」「Moto Z Play」、に強力なマグネットで取り付けるオプションパーツ「Moto Mods」シリーズ。カメラユニット担当はハッセルブラッドです。

光学10倍ズームが可能。ズームレバー、シャッターボタン、キセノンフラッシュ搭載。RAW形式で撮影可能。

センサーサイズ1/2.3インチの1200万画素。ISOは100~3200。レンズは、4.5-45mm(35mm換算で25-250mm相当)でF3.5-6.5。手振れ補正付き(OIS)。

10月中旬発売予定で、価格は2万8800円(税別)。厚くなってもいいので、簡易的なファインダーと、いざとなればスマホ側にも供給できるバッテリーを搭載して単体でも使えるといいのになぁ…。