モトローラ、Moto Mods対応SIMロックフリースマートフォン「Moto Z2 Play」



Moto Z2 Play | Motorola JP

Moto Z2 Playは、厚さ5.99mm(最薄部)のスリムなボディーが特徴のAndroidスマートフォン。前モデルの「Moto Z Play」から厚さは1mm薄く、重さは20g軽くなった。ディスプレイは5.5型フルHD(1080×1920ピクセル)のSuper AMOLEDを搭載しており、撥水(はっすい)性のナノコーティングを施した。


より薄くなったモトローラの「Moto Z2 Play」、6月29日発売 Moto Modsの新製品も – ITmedia Mobile

「Moto Mods」の展開については、ユーザーは、今までの端末ではできなかったスタイルに出会えるようになったとし、「日本市場でも差別化できると確信している」と自信をみせる。その日本市場では、ハッセルブラッドとコラボレーションしたズームカメラのModsが大きなシェアを占めているのが特徴とのことで、ほかの地域とは異なる傾向についても言及。


モトローラ「Moto Z2 Play」発表会、「Moto Mods」開発キットも日本で展開へ – ケータイ Watch

OSAndroid 7.1.1
Battery3000mAh
MemoryRAM 4GB / ROM 64GB
Display5.5インチ スーパーAMOLED 1920×1080(FHD)
CPUQualcomm Snapdragon 626 2.2GHzオクタコア
Cameraメイン1200万画素 / サブ500万画素

モトローラが、「Moto Z2 Play」を発売します。


メインカメラは1200万画素でレンズF値1.7。高速AFが可能。フロントカメラは500万画素で、レンズF値2.2。


スワイプで戻ったり、長押しでロックなどができる指紋センサーを搭載。また、2回振り下ろすとライトオンといったジェスチャー動作も可能。


デュアルSIMデュアルスタンバイ対応。


15分充電すれば7時間動くTurboPower充電器を同梱。


ウリであるマグネット式の拡張モジュール「Moto Mods」に対応。新たに、3490mAhバッテリー搭載で約1日分長く使える「Turbo Powerパック」(9800円)と、Qi規格の「ワイヤレス充電キャップ」(4680円)を2017年7月に発売。そして夏の終わりにはバッテリーも内蔵する「GAME PAD」の発売を予定しているとの事。


お値段5万3800円(税別)で、2017年6月29日より発売です。


【スマホで光学10倍】Hasselbladトゥルーズーム発売
【スマホで光学10倍】Hasselbladトゥルーズーム発売