シェアを落とした日本通信「b-mobile」


mvno-1506

  • MM総研が2015年3月末時点でのMVNO市場の調査結果を発表しています。

  • 「格安・低価格SIM」を含む独自サービス型SIMの回線数は326万回線で、前年173万回線から88.4%増。これでも携帯市場全体での構成比は1.8%(前年比0.7ポイント増)。

  • 事業者別シェアでは、1位がOCNモバイルONE提供のNTTコミュニケーションズ(22.6%)。2位にIIJmioやBIC SIM等のインターネットイニシアティブ(16.4%)。そして3位に浮上したのがBIGLOBE LTE/3G等を提供するビッグローブ(7.1%)。イオンの格安スマホとのセット販売が効き、2.6倍の伸びを達成しています。

  • 一方、3位だったb-mobile等を提供する日本通信は4位へ転落しちゃいました。10.4%あったシェアが5.3%に。回線数は他がグイグイ伸ばしているところ、0.8万回線の「純減」となっております…。
  • Link
    国内MVNO 市場規模の推移(2015 年3 月末) – 株式会社 MM総研

    格安SIMのシェアで4強に変化、新勢力も台頭~MM総研調査 – ケータイ Watch

    「格安SIM」90%増の326万契約に MM総研調査 – SankeiBiz(サンケイビズ)