【ワンセグ携帯の受信料義務】埼玉県朝霞の大橋昌信市議が、NHKに勝つ

NHKは、この「受信設備」にワンセグが視聴できる携帯電話や、テレビが視聴できるパソコン、カーナビも含まれると解釈。戸別訪問で「テレビがない」と答えた世帯にも、こうした機器の有無を尋ね、所有者には契約を結ぶよう求めてきた。

判決により、こうした営業が難しくなりそうだが、営業局の関係者は「ワンセグ視聴だけで契約するケースはまれで、経営への影響はほとんどない」と言う。


ワンセグ敗訴:受信料制度に一石 NHK、徴収にも影響 – 毎日新聞

判決文では、マルチメディア放送(サービスが終了したNOTTVなど)の定義を定めた放送法2条14号で「設置」と「携帯」が分けられていることから、ワンセグも「設置」とするNHKの主張を「文理解釈上、相当の無理がある」とした。


ワンセグ携帯所有者はNHK受信料不要、さいたま地裁判決 – 弁護士ドットコム

nhk-1seg-2016
Q. パソコンや携帯電話(ワンセグ含む)で放送を見る場合の受信料は必要か

A.
○NHKのテレビの視聴が可能なパソコン、あるいはテレビ付携帯電話についても、放送法第64条によって規定されている「協会の放送を受信することのできる受信設備」であり、受信契約の対象となります。NHKのワンセグが受信できる機器についても同様です。

○ただし、受信契約は世帯単位となりますので、一般のご家庭の場合、テレビの視聴が可能なパソコン、あるいはテレビ付き携帯電話を含めて、複数台のテレビを所有している場合でも、必要な受信契約は1件となります。

○一方、事業所の場合は、設置場所(部屋など)ごとの受信契約が必要となります。ひとつの部屋に、テレビや、テレビ視聴可能なパソコンなどが複数あっても、その部屋で必要な受信契約は1件です。


パソコンや携帯電話(ワンセグ含む)で放送を見る場合の受信料は必要か|NHKよくある質問集

NHKから国民を守る党公式サイト


東京都知事選政見放送で、党代表がイイ感じの笑みと共に「NHKをぶっこわす!」とやっていたのが印象的だった「NHKから国民を守る党」。この党所属の大橋昌信市議(埼玉県朝霞市)が、ワンセグ携帯持ってるだけで受信料とるの?と訴えていた裁判で、NHKが敗訴となりました。

ワンセグ携帯は、契約義務が生じる受信設備を「設置」した事に含むのか、はたまた「携帯」なのか。NHK、負けました。

経営的には「影響はほとんどない」みたいですが、NHKは判決を受け直ちに控訴。TVはないけどワンセグ機能だけで受信料を取られている人への徴収も続ける模様です。




Related