高市早苗総務大臣、ワンセグ携帯など携帯用受信機もNHK受信料契約の対象

この判決に対しまして、NHKは直ちに控訴するというコメントを出しておられますので、総務省としては、訴訟の推移を見守ってまいりたいと思っています。これまでは、総務省として、「受信設備を設置」するということの意味を使用できる状態にしておくことと規定した「日本放送協会放送受信規約」を、昭和37年3月30日に認可していますから、従来から、ワンセグ付き携帯など携帯用受信機も、この受信契約締結義務の対象であると考えています。いずれにしましても、今後、訴訟の推移はしっかりと見守ってまいります。


総務省|高市総務大臣閣議後記者会見の概要(平成28年9月2日)

takaichi-sanae-01


高市早苗(たかいちさなえ)

高市早苗総務大臣「ワンセグ携帯も受信契約義務の対象」記者会見の解説と総務大臣を提訴します|NHKから国民を守る党 公式ブログ


さいたま地裁でワンセグ携帯はNHKの受信料を払う必要はない、という判決が出ました(NHKは直ちに控訴)。この判決をどう受け止めるのか、朝日新聞の記者が高市早苗総務大臣へ質問しています。

高市早苗総務大臣は、ワンセグ付き携帯など携帯用受信機も受信契約締結義務の対象と回答。又、総務省としては訴訟の推移をしっかり見守っていくとコメントしました。

「総務省けしからん」「一審とはいえ裁判所の判決は重く受け止めろ」…NHKから国民を守る党代表立花孝志氏は、高市早苗総務大臣を訴えていくと息巻いております。






【ワンセグ携帯の受信料義務】埼玉県朝霞の大橋昌信市議が、NHKに勝つ
【ワンセグ携帯の受信料義務】埼玉県朝霞の大橋昌信市議が、NHKに勝つ
NHKは、この「受信設備」にワンセグが視聴できる携帯電話や、テレビが視聴できるパソコン、カーナビ...