【改定】NifMo、価格そのままで月間データ通信容量を増量

nifmo-2017-01-23-00001


「NifMo」、価格据え置きで月間データ通信容量を増量 |ニフティ株式会社

NifMoでは、お客様の通信の安定性・公平性を保つために、ご契約のデータ通信プランごとに月間および1日あたりのデータ通信容量の基準値を設定しています。その月、または1日(当日)の通信利用量がそれぞれの基準値を超えた場合、通信速度を最大200kbpsに制限させていただきます。


データ通信規制および繰り越しについて |格安SIMのNifMo(ニフモ)


ニフティ提供の格安SIM「NifMo」がデータ通信プランを改定します。月額料金はそのまま変わりません。

5GBプランは「7GBプラン」、10GBプランは「13GBプラン」へと名称変更しデータ増量。3GBプランも増えるとウレシイですが、こちらはそのまま変わらずです。

改定は2017年2月1日より。現ユーザーは自動的に新プランへと移行。

当日あたりのデータ通信量基準値(超えると制限される)も引き上げられます。7GBプランは1100MB/1日だったのが「1500MB/1日」へ、13GBプランは2200MB/1日だったのが「2800MB/1日」へと変更になります。

データ通信プラン改定記念で「さらに増量」キャンペーンを実施。2017年3月1日か4月1日時点で7GBプランか13GBプランに加入していれば、「データおかわり0.5GB」が2回分(当月・翌月)無料となります。申し込みなどは不要です。