Nikon、名建築を撮り歩きたくなる「DL18-50 f/1.8-2.8」

nikon-DL18-50-f1.8-2.8

nikon-DL18-50-f1.8-2.8

DL18-50 f/1.8-2.8 | ニコンイメージング

レンズはすべて新設計の専用NIKKORレンズ。高い防汚性能のフッ素コートを採用。DL18-50 f/1.8-2.8にはナノクリスタルコートも採用している。DL18-50とDL24-85はレンズ鏡筒にステップズームのリングを備える。


ニコン、1型センサー搭載コンパクト「DL」シリーズ – デジカメ Watch

  • ニコンが新コンセプトのプレミアムコンパクトデジタルカメラ「DL」シリーズを発表。「DL18-50 f/1.8-2.8」「DL24-85 f/1.8-2.8」「DL24-500 f/2.8-5.6」の3機種が登場します。

  • 私の注目は断然「DL18-50 f/1.8-2.8」。デザインは洗練というには中途半端という感じがしますし、外付けEVFを付けると異様となりますが、広角18mm(35mm判換算です)とF値1.8からのズームで、このサイズと359gというのは大いにひかれるものがあります。

  • センサーは2081万画素の1.0型裏面照射型CMOSで最高ISOは12800。タッチパネル採用の3型チルト式有機ELモニター、ステップズームリング搭載。Wi-Fi、Bluetooth、NFC対応。又、アオリ撮影時にパースペクティブを水平・垂直方向に20ステップでコントロール補正できる機能付き。

  • 価格は10万5000円くらい、電子ビューファインダー「DF-E1」付きのEVFキットが12万5000円くらい。発売は案外先の2016年6月予定となっております。