auが「データお預かりアプリ」を提供


au-oazukari-app

au-oazukari-app

au-oazukari-app
本アプリは、KDDIが提供しているデータお預かりサービス「auバックアップアプリ」、「au Cloud」、「Friends Note」の機能をひとつのアプリにまとめ、スマートフォンやタブレットに保存している写真、動画、アドレス帳のほか、インストールアプリの一覧やWi-Fi設定など日頃お使いになる各種データを、「auスマートパス」のサーバ上 (1GBまで) やmicroSDカードへ簡単に保存することが可能です。
さらに、「au スマートパス」会員のお客さまであれば50GBまで、「au スマートパス」サーバに預けることが可能です。
お客さまは、本アプリを利用することで、今までよりも簡単にデータを移行・復元することが出来ます。


大切なデータを簡単・便利に保存できる「データお預かりアプリ」の提供について | KDDI株式会社

Check

  • auがデータの保存アプリを本日2015年4月23日から無償提供。「auスマートパス」のサーバ上かmicroSDカードに、簡単操作で保存が可能。

  • 預けられるデータは、「アドレス帳、写真、動画、ブックマーク、カレンダー、Eメール (@ezweb.ne.jp)、SMS、インストールアプリの一覧、アプリ配置、発着信履歴、ユーザー辞書、Wi-Fi設定、壁紙、着信音、通知音設定」。iOSの方は、「アドレス帳、写真、動画、カレンダー」。au回線未登録のau IDを利用している場合は、アドレス帳のみ。

  • 「auスマートパス」のサーバ容量は、「auスマートパス」会員の方は50GB、それ以外の方は1GBまで。

  • 対応機種は、2015年4月23日以降に発売するAndroid5.0以上のauスマホかタブレット。又は、iOS6.0以上のiPhoneとiPad(5月中旬以降に対応予定)。