【ステップズーム対応】「OLYMPUS STYLUS 1」、新ファームで後継モデルとほぼ同等に


olympus-stylus1
本体外装やグリップラバーのの表面処理など細かい違いはあるものの、STYLUS 1sおよびSTYLUS 1の機能差は、このファームウェアでほぼ解消されることになる。STYLUS 1ユーザーにはうれしいアップデートといえるだろう。


オリンパス、STYLUS 1の新ファームウェアを告知 – デジカメ Watch

「STYLUS 1」 ファームウェアVer.2.0で追加される機能

1. AFターゲット選択に、スモールAFターゲット [・]sを追加しました。
※従来の約1/4のターゲットの大きさで、細かい部分にピント合わせが可能になります。

2. 焦点距離表示に、[倍率]、[焦点距離]、[35mm換算]を選択可能にしました。

3. ステップズーム機能を追加しました。
※ズーム操作で9段階(28,35,50,70,85,100,135,200,300mm 35mm換算)のステップでズーミングできます。

4. MFアシストに、[ピーキング]機能を追加しました。
※画面内の輪郭のはっきりした箇所が白又は黒で強調表示されます。

5. インターバル撮影(コマ数:最大999、撮影間隔:1秒から24時間)とタイムラプス動画を追加しました。
ワイドコンバージョンレンズ「WCON-08X」に対応しました。「WCON-08X」使用時に設定が必要です。


オリンパス お知らせ: 「STYLUS 1」をお使いのお客さまへ「STYLUS 1s」と同じ機能になるファームウェアアップグレードのお知らせ

価格.com – オリンパス OLYMPUS STYLUS 1 のクチコミ掲示板

OLYMPUS-STYLUS-1s

【手のひらに乗るサンニッパ】「OLYMPUS STYLUS 1s」、ステップズーム対応 | auとかデジ

Check

  • 新ファームウェア(Ver2.0)によりOLYMPUSの「STYLUS 1」が「STYLUS 1s」とほぼ同等に。

  • 2014年11月に発売した「STYLUS 1s」。スモールAFターゲット、ステップズーム、焦点距離表示、フォーカスピーキングが新機能として追加され外装・グリップのデザインを変更している。

  • 2015年1月15日(木)11時に公開予定。