【PENTAX】新世代のスターレンズを発表




スターレンズシリーズは、ペンタックス一眼レフカメラ用交換レンズの中でも、特に高性能なレンズのシリーズ名称として、フィルム一眼レフカメラの時代から、多くのユーザーに支持されてきました。「最高画質の追求」「大口径」という当初の開発コンセプトに加え、現在では防塵・防滴のペンタックスカメラボディに合わせた「高い堅牢性と操作性」にもこだわる設計とすることで、トータル的な信頼性を一層高めています。


デジタル一眼レフカメラの高性能化に対応する新世代の高性能スターレンズシリーズを開発|RICOH IMAGING

Kマウントレンズ / レンズ | RICOH IMAGING



ペンタックスが「新世代のスターレンズ」の開発を発表しました!


更なる高画素・高性能化が予想されるデジタル一眼レフカメラに対応できるよう、「特に解像力に関する社内規格を大幅に見直し」て開発をすすめているとの事。


次世代スターレンズの第一弾は、フルサイズ対応単焦点レンズ「HD PENTAX-D FA★50mmF1.4 SDM AW(仮称)」。高速で静かなAFを実現するリング型SDM(超音波モーター)を搭載。防塵防滴で最短撮影距離は0.4m。発売は2018年春頃の予定。


そして次世代スターレンズ第二弾は、APS-Cサイズ向けの「HD PENTAX-DA★11-18mmF2.8(仮称)」。 F値2.8の超広角ズームレンズ(35ミリ判換算で17~27.5mm)。とりあえずDAシリーズもまだ出るんだとわかり一安心ですが、発売はかなり先の…2018年夏頃の予定となっております。