イー・モバイル、日本通信に「IDEOS」6000台販売停止せよ!?

ファーウェイのスマートフォン「ポケットWiFi S(こちらイー・モバイル調達)、と「イデオス(こちら日本通信調達)」でゴタゴタ。

日本通信の三田社長は「我々は技適シールが貼られた状態で端末を調達した。貼った覚えはない」と否定している。イー・モバイルと日本通信の幹部が話し合って1週間も経たないうちのファーウェイ・ジャパンの動きは、イー・モバイルからのプレッシャーがあったのだろう。ファーウェイ・ジャパンにとって、イー・モバイルは端末だけでなく基地局設備なども納入する大の得意先だ。

年が明けてトラブルは総務省に持ち込まれた。イー・モバイル、あるいはファーウェイ・ジャパンが働きかけたと思われる。ちょうどこのタイミングで、三田社長はツイートした。「eMobileの社長ガンさんはHuaweiジャパンを驚かしてideosスマートホンの販売をとめようとしている。どうして違法のて(手)までう(打)たなければいけないのかな、影響ないのに。。。」(原文ママ)と。

本誌の問い合わせにイー・アクセスは「あっち(日本通信)がおかしい」「日本通信の端末は技適証明が通っていなかったと思う。ウヤムヤになったけど……」と答えている。

*中国製「華為スマホ」輸入で大喧嘩 – FACTA online


独占だろと販売阻止工作をしかけるイーモバイル、仁義を切ったつもりが呼び出された日本通信、ビジネスしたいHUAWEI、困って調査中とする総務省。結構ウヤムヤな形で双方販売してるみたいですよ~w 長文ですので詳細知りたい方はFACTAオンラインにて。