【光回線の顧客満足度】東はKDDIのauひかり、西はケイオプティコムのeo光

NTTのフレッツ光は東西で3位。

NTT フレッツ光
■ ブロードバンドサービス加入者は4,058万件、世帯普及率74.9%

■ NTTグループの光回線シェアは東日本エリアで78.3%、西日本エリアでは66.3%

■ 光回線の顧客満足度1位は東日本エリアがKDDI、西日本エリアはケイ・オプティコム

■ 2012年度の光回線サービス純増数はKDDIが60万件でNTT東・NTT西を上回る

2013年 ブロードバンドサービスの東西エリア別市場動向調査:レポート|ICT総研 市場調査・マーケティングカンパニー

ICT総研が5月に実施した光回線の顧客満足度についてのアンケート調査によれば、「サービス品質」「料金」「顧客対応」の3項目を平均した総合満足度が最も高かったのは、東日本エリアではKDDIのauひかりだった。2位はソフトバンクBBのYahoo! BB 光、3位はNTT東日本のフレッツ 光。フレッツ 光は、料金に対する満足度が低く、以前から加入しているユーザーが料金を高いと感じているようだという。

 西日本エリアでは、ケイ・オプティコムのeo光が1位、KDDIのauひかりが2位、NTT西日本のフレッツ 光が3位。eo光は3項目いずれも最も満足度が高かったという。ただし、西日本エリアは競争が激しいため、サービスや料金面の評価が全体的に高い傾向が見られたとしている。

2012年度の光回線純増数、KDDIが60万件に増加、NTT東西は計74万件に減少 -INTERNET Watch

KDDIはスマートバリューで1年前のシェアから2.9%も急伸して15.6%…、うーん、トータルシェアを見るとまだまだ強いですねNTTは。満足度が3位の内になんとか切り崩していきたいところでしょう。今後は、WiMAXやLTEなどが増えることで光の需用は頭打ち。光サービスの多様化と、携帯との棲み分けやスマートバリューのような連携の模索が考えられるとの事ですよ。まぁ、一番効くのはお値段ですよね、お値段。