【景品表示法違反】auのLTE、iPhone 5で下り最大75Mbpsのエリアは14%だった

4G LTEの広告で、消費者庁から不当景品類及び不当表示防止法で措置命令。

au apple iphone5
同社はau総合カタログ(2012年11月版と12月-1月版)と公式Webサイト(9月14日~11月30日)に、iPhone 5を含むau 4G LTE対応端末で下り最大75Mbpsの高速通信が利用できるエリアを、2013年3月までに全国の実人口カバー率96%まで拡大すると表記していた。

しかし、実際に3月末時点で実人口カバー率を96%まで拡大したのは、Android用の800MHz帯と1.5GHz帯のエリアのみだった。iPhone 5で下り最大75Mbpsの通信が可能な2.1GHz帯の実人口カバー率は、3月末時点で14%にとどまり、また2.1GHz帯の実人口カバー率を96%まで拡大する計画も存在しなかった。

iPhone 5の4G LTE人口カバー率誤記、KDDIに消費者庁から措置命令 – ITmedia Mobile

誤解を招かないよう付け加えると、2.1GHz帯を利用するauのiPhone 5において、37.5Mbps対応エリアは広く普及しており、LTEサービスが14%のエリアでしか使えなかったというわけではない。

しかし、auではiPhone 5で使える75Mbps対応エリアの実人口カバー率を現在も非公表として開示していない。37.5Mbpsエリアについても実人口カバー率は非公表で、その代わりにエリア一覧で使えるエリアを紹介、75Mbps対応エリアは市区町村地域レベルでの情報開示(3月末時点)に留めている。

KDDIが景表法違反、iPhoneのLTEサービスに不当表示 – ケータイ Watch

なぜauは、iPhoneでつかうLTEの人口カバー率を公表しないの? | auとかデジ

【謝罪】au iPhoneのLTEエリアで誤記 | auとかデジ

総務省指導の次は消費者庁からも。こんなの詐欺じゃーんとauショップで叫んでも、37.5MbpsのLTEは使えてるし、という理由で特別な計らいなど無しの通常通りの解約になるそうです。再発防止策は、広告チェック強化と研修と監査。また田中社長ほか経営陣の報酬10~20%を3ヶ月返上。「96%→14%」はインパクトありすぎで、数字がひとり歩きしても仕方無しですねw