au版「iPhone4S」は、ソフトバンク版より遅い?→はい。

理論値下りMAX速度で遅いから「邪道」?

それは、突然のつぶやきから始まった。

「これ本当!? iPhone4S <SoftBank版>下り最大14.4Mbps 上り最大5.76Mbps <au版>下り最大3.1Mbps 上り最大1.8Mbps」とのTwitter読者の発言に対して、孫正義氏は「はい。」と発言した。

*孫社長がとんでもない事を暴露!iPhone4SはSBとauで速度が違う ITライフハック


ただ、この通信速度はあくまでも理論値であり、回線の混雑状況や環境などによって大幅に速度は変わってくる。ソフトバンクはiPhoneの取扱いを始めてから通信品質の不満を各方面から指摘され、基地局の整備やレピーターの貸し出しなど積極的におこなってきた。ソフトバンクの孫正義社長は、屋外の基地局の増強に関して「2010年3月に、電波改善宣言として6万カ所から12万に倍増すると発表したが、現在まで16万基地局を達成した」と述べている。



 また、auはスペック上の速度は下り最大3.1Mbpsに留まるが、電波到達度が良いとされる800MHz帯を持っており、エリア面ではソフトバンクよりも有利との評価がもっぱらだ。さらに、先日の新端末発表会でKDDIの田中孝司社長は「インフラにはまだ余裕がある」と自信を示している。したがって、必ずしも通信規格による通信速度の違いが実際の利用で大きな差となるとは限らない。

*iPhone 4S、auとソフトバンクで通信速度が違う……実際は? RBB TODAY)


「全ての人に分かれ道はやって来る。問題は、そこで正道を選ぶか邪道を選ぶかだ」



9月22日未明、ソフトバンクの孫正義社長はツイッター上に何かを暗示するような内容の投稿をしていた。

*「KDDIがiPhone販売」の陰でささやかれる ソフトバンクがほくそ笑む意外な理由 ダイヤモンド・オンライン


孫さんのつぶやきは、深読みせず素直なau版iPhoneディスと受け取って良かったみたいですね。このあたり両方持ち歩いての比較記事などメディアはやってくれると思いますので、電波状況含めた使い勝手にどれくらい差が出るのか?コストも含め注目したいところです。

ただ理論値とはいえ数字では負けているのは確か…ココを「白戸家」CMで暗喩的に突っつかれると嫌だなぁとw