auの通信障害で最大84万人にお詫び料700円(税抜)

LTE基盤強化対策本部を新設。LTE監視要員も20人から42人へ増員。設備投資は増額して300億円に。

au by kddi
ユーザーへのお詫びとして実施される利用料の減算処理700円は、LTEの基本使用料やパケット定額料など、利用料の3日間分として算定。同社の約款では24時間以内の通信障害では料金を返還しなくても問題ないが、今回の一連の通信障害については3日間と判断し減算処理を行う。対象のユーザー数は現在精査中とのことで、約64万人を基本に、10~20万人が加わるかもしれないとしている。

KDDI、5月末のLTE通信障害で原因と対策を発表 – ケータイ Watch

今後の対策として、KDDIは田中氏を本部長としたLTE基盤強化対策本部を新設。“モバイルトラフィックには予想外のことが起こる”ことを前提にして、ソフトウェアやハードウェア、作業手順などを見直すことで「スマートフォン/4G時代に見合ったフェールセーフな体制を確立する」(田中氏)としている。

さらに、5月15日に決定した230億円の設備投資額に70億円を増額することも明らかにした。現在全国に19台設置されているMMEを8月末までに50台、9月末までに58台に増設するほか、LTE監視要員を20人から42人へ増員する。

KDDI、相次いだLTE通信障害の原因はソフトウェアバグ (CNET Japan) – Yahoo!ニュース

au 4G LTE、また通信障害で3Gにも影響 | auとかデジ

LTE通信にとどまらず音声通話まで影響がでちゃった一連の障害。対象の方にはお詫び代として6月末までに「重要なお知らせ」メールが到着。7月以降の請求で準備ができしだい700円減算するとの事です。信頼のネットワークを取り戻して欲しいですね。