【ドコモ広報も混乱】FOMA端末でもXiの料金プランで「Xiカケホーダイ」とか契約できるらしい。

クロッシィ料金プランの奥深さ。FOMAスマートフォンでテザリングする人も検討の価値はアリ。


一連の問い合わせでわかった話をまとめて箇条書きにしてみよう。



1. Xiプランの契約において、Xi対応端末の購入は必須ではない。

2. FOMA端末のままでXiプランを使うことができる。

3. Xi対応端末以外ではFOMAと同様の環境になり、Xiの高速快適な環境は得られない。

4. FOMAからXiプランへの契約変更も、その逆もできる。

5.「Xiカケ・ホーダイ」も付加できる。

6. 契約変更ができるのはXi対応音声端末の発売日以降。

7. 月途中で契約変更した場合、パケホーダイフラットなどは、月初めにさかのぼって再計算され、変更後プランの価格が適用される。

8. 契約変更には手数料として2,100円が必要。

9. 新規の契約で端末を購入せずに、Xiプランを選択することもできる。



驚くべき事実だ。ドコモとしては積極的にアピールしていないのも頷ける。契約変更で電話番号が同じままでSIMカードが別のものにバージョンアップされた場合、オサイフケータイはどうなるのかなど、実際にやってみないと何が起こるのかわからない点もある。それでも現行のFOMAユーザーが、こぞって契約変更したら、たいへんなことになりそうだ。LTEへの移行を誘い、3Gトラフィックをオフロードするもくろみがかなわなくなってしまうからだ。



でも、その反面、それらのユーザーが次に機種変更する際には、ほぼ間違いなくLTE対応機を選ぶことになるだろう。実質的な従量制へのゆるやかな移行にもなる。魅力的な端末を揃えようとより努力するようにもなる。それによってドコモのLTE展開は、一気に加速するかもしれない。いわば諸刃の剣だが、確信犯という見方もできる。



少なくとも、今、FOMAプランでスマートフォンを使い、テザリング機能を求めているドコモユーザーの多くは、Xiプランに契約変更することで、コストを相当額削減できる。ドコモが大きな声でアピールしないのは当たり前だ。





*【山田祥平のRe:config.sys】 なんちゃってXiで三文の得をかなえるドコモの本気 impress


*FOMA端末でも月額4410円でテザリングし放題になることが判明 ガジェット速報





*【LTE】Xi スマートホンプラン【ドコモ】 2ちゃんねる


ドコモインフォメーション「できる」→ドコモ広報「できない」→ドコモインフォ「できる」→広報から折り返し電話「できる」という展開だったそうです。「もしかしたら」の問い合わせで大発見ですね。



で、検討や試みの具体例はネット等で追跡し、その後ドコモにて念入りな確認をしてください。私にはもうワケワカラヘン(笑)。ただXi推しの破壊力は伝わってきましたよ。