「auショップ」はiPhone売る気あるの? 

という声がネットに多いらしいのですよ…。

東京・新宿にある「auショップ」を2011年10月19日の昼に訪ねてみた。ある大型家電量販店の入り口にはソフトバンクの「iPhone 4S」の販売を告知する大きな看板が何枚も並んでいたが、「au」のものは無かった。売り場に行くと、ソフトバンクの「iPhone 4S予約コーナー」はあったが、「au」は無い。なぜ予約コーナーがないのか、「au」のシャツを着た店員に聞くと、



「あちら(ソフトバンク)の方がお客さんが多いから」



という返答が返ってきた。



路面店に行ってみると、「iPhone 4S予約受け付けます」という看板を出しているショップもあるのだが、看板どころか、店内にポスターやポップすら見当たらないショップもある。その店員に「iPhone 4S」は売っているのか、と聞くと



「うちは金曜日に入荷しますので金曜日に来て下さい」



と言っただけで、予約の勧誘はなかった。



ネットには「iPhone売る気ゼロ?auショップの悲しい現状」などといったまとめサイトもあり、様々な報告が並んでいる。

そこには



「今日予約しにいったら代理店なのだろうけどしきりにiPhoneをdisってAndroidばかり進められた」

「たしかに、売りたい感じがしないというか、そのへんが不安なんですよねぇ」

「急な方針転換で代理店はやってられないという状態なんやろね」



といったコメントが出ている。





*「auショップ」はiPhone 売る気あるのか 店内にポスターやポップすらない J-CASTニュース


*10月28日からauショップ全店でiPhone 4Sを販売 ケータイ Watch





*iPhone 4S 取扱ショップ検索 au by KDDI


たしかに全力フルプッシュな印象は感じませんね(笑)。



フリーライター福田和宏氏の解説では、先ずいきなりキタので販売代理店は顧客サポート面や売り方で不安。あとは、バランス良く売っていかないとコンテンツ収入は伸びず収益悪化の恐れというKDDIの戦略性を指摘。



うぅぅん、遮二無二「Android au」でやってきてしまいましたので…なかなか難しいですねぇ。まぁインパクトを計りかねるくらいの念願の初物でしたし、おっかなびっくり期間を経て、全店取り扱いとなる28日以降は統一歩調に引っ張られて徐々に盛り上げてくるのではないでしょうか。悠長すぎる(笑)?