【ベンチマークブースター】サムスンGalaxy S4、ベンチマークアプリの時だけ最高クロック解禁

決め打ちでリミッター解除。

samsunglogo
ベンチマークとして使われる特定のゲームでのみ処理を変える(こっそりテクスチャ品質を落とすetc)といった「最適化」ならば、まだしも人気ゲームを快適に遊ぶための努力だという言い逃れもありましたが、今回見つかった「ベンチマークブースター」は決め打ちされたベンチマークのみが対象であり、実アプリやゲームでは互角の端末にベンチマーク上でだけ勝つことが目的と思われてもしかたがありません。

(モバイル端末では最高クロックで動かすことが正義ではなく、バッテリー駆動時間を勘案してパフォーマンスとのバランスを求めることは当然ですが、ならばその見切りを性能として堂々と見せればよく、アプリ名を決め打ちしてベンチだけで速く見せかけることとはまた別の話です。)

この「最適化」がいつから始まり、サムスンのどの端末に、あるいはどのメーカーに含まれているかはまだ不明。サムスンにはこの件について直接問い合わせをしています。ひとたび「ベンチでだけ速くする仕掛けが入っているらしい」という話が明るみにでれば、今後まともなエンジニアリング努力で速くしても「ベンチだけでしょ」といわれる逆効果にもなりかねません。

サムスンGalaxy S4、特定ベンチマークだけ最高性能を出す「最適化」が発覚 – Engadget Japanese

数種類の特定のベンチマークアプリの時だけ最高性能が出るように、「最適化」していたらしいですよ。今後はベンチマークスコアの比較記事は、どーせ下駄を履かせてるんでしょ、という見方にどうしてもなっちゃいますね。サムスンはどう答えるのでしょうか。