【日本テレビ】24時間テレビのギャラっていくら?

徳光和夫は1500万円もするので、外れることに…「FLASH」がギャラ掲載。

24TV
メインパーソナリティー 嵐……5,000万円
特別ドラマ主演 嵐・大野智……+500万円
チャリティマラソンランナー 森三中・大島美幸…1,000万円
チャリティパーソナリティー 上戸彩……500万円
総合司会 羽鳥慎一……500万円

▼カラオケメンバー
加山雄三、谷村新司クラス……200万円
その他(懐メロ歌手、芸人)……10~100万円

記事中の“事情を知るプロデューサー”によると、嵐のギャラについて「1人1,000万円はむしろ安いぐらい」だといい、「徳光和夫はギャラが1,500万円もしたため、外れることになりました」としている。

恒例のカラオケコーナーについては、「本業の歌ではあまり姿を見せなくなったサンプラザ中野くんなどは、毎年出てきますよね」と切り出し、売れなくなった人にとっては久しぶりの晴れ舞台で、小金も入るため、感謝されると話す。

「出演者にギャラが発生していることは、有名な話。しかし、具体的な金額が明るみになったことで、ネット上では『やっぱり、もらってるんだ……』『募金する気なくなった』『この番組に出る人が全員、悪人に見える』『ギャラ全部募金しろ』といった声が上がっています。チャリティが根付いている欧米のタレントが見たら、『日本のタレントは偽善だ』と笑われるでしょうね」(芸能誌記者)

かつて、明石家さんまは、『24時間テレビ』のオファーを「ギャラが出るなら出演しない」と突き返して以来、この番組を毛嫌いするようになったという。そんなさんまも笑顔で出演できるチャリティ番組が、日本で放送される日は来るのだろうか?

「嵐5,000万円、森三中・大島1,000万円……」『24時間テレビ』のギャラ公開報道に波紋(日刊サイゾー) – エンタメ – livedoor ニュース

24時間テレビ 愛は地球を救う|日本テレビ

24時間テレビ 「愛は地球を救う」 – Wikipedia

第14回1991年の視聴率が6.6%で過去最低。翌年第15回でテコ入れしエンタメ・マラソン・サライ路線へとリニューアルしたんだそうです(以後視聴率は二桁割らず)。今は巨大化しちゃって慈善より番組維持に苦心してる感じ。ただ24時間TVがまったく無意味とは思わないので、やたらには「チャリティー」という言葉を謳わない、最後に演者と日テレ自身も寄付をする、これで少しは進歩があるのではないでしょうか。