【どこでも映画館】SONY、バッテリーユニットとWirelessHDのHMD「HMZ-T3W」発売

スマホやタブレットとつないで屋外没入可。

sony-HMZ-T3W
特徴はモバイル利用の強化。従来モデルでは、HMDとメインユニットをHDMI接続して利用する形となっていたが、新たにHMDと有線接続したバッテリーユニットを設け、バッテリーユニットにバッテリと映像処理エンジンを内蔵したことで、スマートフォンなどを直接HDMI/MHL接続できるようにした。

 これにより、据え置きのメインユニットを利用せずに、モバイル環境での利用が可能となった。例えば、タブレットに映画をダウンロードし、「HMDとバッテリーユニットを持って、出張先で映画を楽しむ」といったことが行なえる。

ソニー、ワイヤレス&モバイル対応した新HMD「HMZ-T3W」 – AV Watch

sony-HMZ-T3W
WirelessHDの搭載により、バッテリーユニットとプロセッサーユニットとのワイヤレス接続を実現し、ヘッドマウントユニットとプロセッサーユニット間のケーブル接続を解消しました。これにより、ブルーレイディスクプレーヤーや、PlayStation3などと使用する場合も、ケーブルの長さにとらわれることなく、部屋の好きな場所で自由に、映画やゲームなどを楽しめるようになりました。

WirelessHDは映像、音声を非圧縮かつ低遅延で伝送できるため、ケーブル接続時と遜色無い品質を実現できます。

バッテリー搭載 場所を問わずモバイル端末とつないで楽しむヘッドマウントディスプレイ | プレスリリース | ソニー

HMZ-T2の後継。ヘッドパッド1.8倍などかけ心地の追求、画質向上、そしてバッテリーユニットが用意され、これにスマホやタブレットを接続すれば、スマホ内のコンテンツやYouTubeなどの動画も「750型」スクリーンの世界へ。

さらにワイヤレスモデルT3Wも用意。バッテリーユニットと、AV機器と接続したプロセッサーユニット間がワイヤレスに。

お値段はHMZ-T3が8万円前後、HMZ-T3Wが10万円くらいとの事。T3をワイヤレス対応にはできないそうですよ。悩みどころですがどうせならワイヤレスでしょうか…うまいなぁソニー。発売は11月中旬です!