【スリートップ転落懸念】シャープ「ドコモがiPhoneをどれだけ売るか次第だ」

シャープのジレンマ。

sharp aquosphone
NTTドコモが米アップルのスマートフォン「iPhone(アイフォーン)」の販売に乗り出すことで、ドコモにスマホを供給するシャープや富士通が、「スリートップ」から“転落”するという懸念が強まっている。シャープは今冬のスマホ商戦で、ドコモが重点的に販売拡大を支援する携帯電話メーカー3社にようやく選ばれる見通しだった。ただ、米アップルも、シャープ製の中小型液晶を大量に購入する“お得意さま”だけに、シャープは歓迎も反発もしにくいジレンマに陥っている。

「ドコモがアイフォーンをどれだけ売るか次第だ」。シャープ関係者は、重い口調でこう打ち明ける。今夏、ドコモはソニーと韓国サムスン電子のスマホ販売をテコ入れする「ツートップ戦略」に乗り出したため、シャープのスマホは苦戦。今年度の予想販売台数は、期初予想から130万台減の550万台に下方修正を強いられた。

「ドコモがアイフォーンをどれだけ売るか次第だ」。シャープ関係者は、重い口調でこう打ち明ける。今夏、ドコモはソニーと韓国サムスン電子のスマホ販売をテコ入れする「ツートップ戦略」に乗り出したため、シャープのスマホは苦戦。今年度の予想販売台数は、期初予想から130万台減の550万台に下方修正を強いられた。

巻き返しに向け、シャープはドコモに活発なトップセールスを展開。そのかいあって冬商戦でドコモは、ソニー、富士通とシャープを「スリートップ」とし、販売拡大に乗り出す方向だった。しかし、アイフォーンの参入で風向きが変わった。

ドコモiPhone販売でシャープの苦悩 「3トップ」かパネル出荷増か (SankeiBiz) – Yahoo!ニュース BUSINESS

トップセールスで巻き返し、せっかく「スリートップ」に入れてもらったのに…ドコモはAppleとの契約未達を避けるための遮二無二戦略になるでしょうし、もうトップ推されてもそれだけでは効果をもたなくなってしまうかも。ただまだ液晶は売れるんですから、富士通よりはマシな気もしますが…Appleからの注文だっていつまでとれるのかわかりませんしねぇ。激しいサバイバル。