NTTドコモのiPhone 5sが6回に1回パケ詰まり、少ないのはau


apple-iphone5s

iPhone5s パケ詰まり調査

■パケ詰まり率はauが2.4%で最も少ない。

ドコモは16.8%と高く、6回に1回パケ詰まりが発生。

■WEBサイトへの接続時間はauとソフトバンクが約5.3秒で同一。

ドコモは平均9.4秒と他2社よりも約2倍に。

iPhone5s・5c購入意向意識調査 および iPhone5sパケ詰まり調査

これによると、パケ詰まりを起こした割合が最も少ないのはauで2.4%。次いでソフトバンクが3.9%、ドコモは16.8%となった。なかでも秋葉原駅におけるドコモのパケ詰まり率は65%と非常に高く、17時~20時の帰宅ラッシュ時には表示までほぼ毎回15秒以上かかったことなどが影響したと考えられる。Webポータルサイトのトップページが表示されるまでの平均時間は、ドコモが約9.4秒、auとソフトバンクは約5.3秒だった。

「iPhone 5s/5c」で最も“パケ詰まり”しないのはどのキャリア? – ITmedia Mobile

9月24日、25日各駅計7時間、山手線の東京、新宿、品川、渋谷、有楽町、秋葉原駅構内ホームのLTEを補足している場所で調査。webサイトの接続時間が15秒以上経過すると「パケ詰まり」としてカウントしたそうです。ドコモも品川(0.7%)や東京(0%)では頑張ったのですが、他はauやSoftBankには出てこない二桁の詰まり率。特に秋葉原が痛かった…120回やって78回パケ詰まり。帰宅ラッシュ時にはほぼ毎回詰まったそうですよ。。。