【家電批評】auのワーストバイに東芝「biblio」!

ケータイ&スマートフォンのau部門、ワーストバイ2009は…ブックケータイ「biblio」!


このボタン操作は辛い、疲れる、機能満載なのに使えない

(家電批評1月号より)







*東芝 携帯電話:au biblio


「ブックケータイ」だなんて売り出された2009年夏の濃いモデルが、雑誌家電批評において「bibrio」とスペルまで間違えられながら堂々ワーストバイ。決め手となってしまったのはやはり操作面。とくにテンキー表示のボタン操作が両手必須でバランス悪く「ボタン操作が全てをダメに」なんて書かれてしまいましたよ。auでは今のところ唯一のWi-Fi対応モデルでもあり機能的には揃っているのですがね…。おそらくシャープ「Sportio water beat」と大いにワーストを競った思われますが、やはり操作のしやすさは基本のキでありまして、そこが使い手に優しくないととツライ部分ではあります。色々わかってて使う方はまた別評価になってくるのでしょうけど。ちなみにドコモのワーストバイはこちらも操作性を指摘されたNEC「N-07A」。ソフトバンクは前モデルより性能ダウンのサムスン「931SC」という結果。じゃあ、ベストバイはなんなのさ!なに買ったらいいのさぁ!と気になった方は本屋さんにてご購入くださいませ。auの場合、同メーカー東芝のシンプル一括1円モデルが推奨されてますよ。ちなみにスマートフォン部門ベストバイは…これはもう伏せることもないでしょう。「iPhone 3GS」一択ベストバイ!