ガラケーを使い続ける理由1位は「月々の支払いが上がるのが嫌」


IMJ Report 2014

IMJ | 「Digital Marketing Data Book 2014」―未発表含む、ガラケー、スマートフォン利用状況年間総集編― – IMJ Report

モバイル端末の保有動向に関する調査では「今後もガラケーを使い続けるガラケーユーザー」は約6割。ガラケーユーザーの利用実態調査では、使い続ける理由として「月額支払総額が上がるのが嫌」という回答が第1位となった。またシニア世代のスマートフォン利用に関する実態調査では、4割のユーザーが「使いこなせている」としている。


ケータイユーザーの6割が「スマホにはしない」――IMJ調べ – ITmedia Mobile

POINT

  • ガラケー使いさんの約6割はこれからもガラケー。

  • ガラケー継続層の理由上位は、「月々の支払総額が上がる(かもしれない)のが嫌」、「パソコンで十分」、「必要な機能は携帯で十分」、「端末料金が高い」、「自宅でネット閲覧できるので必要ない」等。

  • ガラケーから卒業予定層の理由上位は、「新しい機種がほとんどスマホだから」、「PC向けのサイトがみにくい」、「機種が古くなった」、「みんながスマホに買い換えている」、「携帯に不満はないがなんとなく」等。10代は「友人とのコミュニケーションが取りにくい」も高い。

  • シニア世代のスマホユーザーの半数は満足し、「使いこなせている」のは約4割。