【安いコンパクトデジカメ】キヤノン御手洗冨士夫会長「求める声もあるが、やめる方向」


canon
キヤノンが撤退を検討するのは2万円以下の低価格帯コンパクトデジカメ。同社のコンパクトデジカメ販売台数の2割程度を占める。日刊工業新聞とのインタビューで御手洗冨士夫会長兼社長は「(社内で)低価格帯の継続を求める声もあるが、やめる方向」と語った。


キヤノン、低価格帯コンパクトデジカメ撤退へ-高機能・一眼レフに集中:日刊工業新聞

POINT

  • 高性能カメラ搭載のスマホ攻勢直撃で、2万円以下の低価格帯コンパクトデジカメから撤退の方向。

  • 年20種程度新機種を投入していたのを1~2年かけて半減の見通し。

  • 高機能・高倍率ズームなどスマホと差別化ができるものは継続。

  • コンパクトデジカメの代わりに、好調な監視カメラを増産し体制維持。