【ネイバー「根拠がない」】SoftBank孫社長、LINE株取得で協議報道


SoftBank
1人の関係者の話では、ソフトバンクの創業者、孫正義氏は株価取得についてLINE側と話し合った。別の関係者によると、LINEは引き続き年内の新規株式公開(IPO)を目指しており、こうした複数の提案内容を吟味するため一定の時間が必要としている。関係者によれば、大手企業からの出資を受け入れることで、IPO前にLINEの評価額が高まる公算が大きい。


ソフトバンク、LINEの株式取得目指す-関係者 – Bloomberg

ソフトバンクがLINE株取得に関心と報道、親会社ネイバー「売却計画ない」 | Reuters

Point

  • ブルームバーグが関係者の話としてSoftBankのLINE株取得、さらにLINEは別の買収提案を受けているのでIPOの準備を遅らせていると報じる。

  • 報道によりソウルのネイバー株は最大8.8%高、東京ではSoftBankが一時4.4%高。

  • 親会社ネイバー「報道には根拠がない。われわれはSoftBankとの協議を一切行っていない」、LINE広報「そのような事実はない」、SoftBank広報「憶測についてはコメントしない」。

  • LINEは年内に東京か国外で上場を検討中。