【職業不問】自作のLINEスタンプで稼げる「LINE Creators Market」開始


LINE-Creators-Market

LINE Creators Market

LINE Creators Marketでのスタンプの販売は、LINEアカウントがあれば誰でも、登録料などは無料で利用できる。まず、クリエイターの登録と、販売スタンプの登録を行う。スタンプ登録の際には、作品が“公序良俗や法令に反していないか”といった審査が行われ、審査に通ると販売が開始される。


ユーザーがスタンプを作成、販売できる「LINE Creators Market」 – ケータイ Watch

Point

  • 2014年4月スタート。プロアマ、個人企業問わず、誰でも参加可能!

  • スタンプ(370×320)40個・メイン画像(240×240)・トークルームタブ画像(96×74)の計42画像をアップロードし、タイトルや説明文を登録。内容はLINEが人力審査。

  • 会話で使いにくい物体・風景、写真・顔写真、公序良俗に反するもの・ナショナリズムを煽るもの・告知表現や企業ロゴだけではダメ。

  • 審査通過→リリースボタンクリックで販売スタート。販売価格は100円。売り上げの50%がクリエイターに。