【工作員スマホ】政府機関・防衛関係者向け「Boeing Black」、2014年夏発売予定


Boeing-black

Boeing Black Smartphone(pdf)

米航空防衛大手のボーイングが、端末に手を加えようとすると自己破壊するスマートフォン「ボーイング・ブラック」を開発した。政府機関の工作員や防衛産業の関係者向けに売り込む予定だという。


CNN.co.jp : 「自己破壊」するスマホ、ボーイングが開発

暗号モジュールのセキュリティ要件「FIPS 140-2」に準拠した暗号化ストレージ、ハードウエアベースのRoot of Trust(信頼のルート)と暗号化エンジン、信頼性の高いモジュール、フレキシブルに設定可能なOSセキュリティポリシーなどにより、端末、データ、通信の安全性を確保する。


ニュース – Boeing、スパイ映画のようなスマホ「Boeing Black」を開発中:ITpro

ボーイング、セキュリティ機能に特化したスマートフォン「Black」を開発 – WirelessWire News(ワイヤレスワイヤーニュース)

サイズ131.9 × 67.6 × 13.25 mm
重量約170グラム
バッテリー1590mAh
ディスプレイ4.3インチgHD 540×960
OSAndroidベース
CPUARM Cortex-A9 (1.2GHz デュアルコア)
その他デュアルSIM(LTE・WCDMA・GSM) /Bluetooth /microSDスロット装備

POINT

  • 航空機メーカーボーイング社が、データと通信の安全確保に特化したセキュリティ重視のスマートフォンでこの分野初進出。

  • 端末をこじ開けようとすると…データとソフトは消去されて操作不能になる機能を搭載。

  • ボーイング広報「対象は国防や安全保障関係の顧客」、で守秘契約が必要。一般販売はせず。

  • 組み立てはアメリカ。