MNPキャッシュバックの負担額は、1人当たり年間約3000円


スマートフォンの顧客獲得競争が激化していますが、携帯電話会社を乗り換えたときに支払われる高額なキャッシュバックを目的に、短期間で乗り換えを繰り返す利用者が急増していることが、通信会社などへの取材で分かりました。
こうしたキャッシュバックの費用は継続的な携帯電話利用者が負担している構図で、国が対策の検討も始めています。

スマホ 現金目的で短期間乗り換え急増 NHKニュース

Check

  • キャッシュバックの原資は継続利用者が支払う通信料金。野村総合研究所の推計によると1人当たり年間3000円近くを負担。

  • キャッシュバックの高額化について、ドコモ「継続利用者を優遇する方向にシフト」、ソフトバンク「速やかに適正化」、KDDI「今後の策についてはコメントできない」。

  • 日本通信福田尚久副社長「国が主導して是正していく必要がある」…日本通信を短期解約して他社へ移る件数は、先月までの3ヶ月間で約1万5000件。前年の4.5倍で過去最多。

  • 規制の必要性・対策などに関して、総務省の作業部会は2014年7月頃までに中間取りまとめ。