総務省、キャッシュバック抑制・格安SIM促進


総務省は海外に比べて割高なスマートフォン(スマホ)の料金を引き下げる検討に入った。携帯電話会社を乗り換えるときの現金還元(キャッシュバック)が通信料の高止まりを招いているとして抑制する。自前の回線を持たない割安サービスの提供会社に対する支援策も検討する。競争を促進し、スマホ関連市場の成長につなげる。


スマホ通信料にメス 総務省、現金還元に抑制策  :日本経済新聞

Check

  • 2月に発足した有識者検討会が議論を本格化。

  • キャッシュバックの拡大を問題視。抑制策の案としてSIMロック解除の徹底が浮上。指針の見直しや法制化を検討。

  • MVNO業者の参入をさらに促進。指針を見直して大手の回線貸し出しを促す。

  • 検討会は4月に通信キャリアを招いてヒアリング、11月をめどに具体策をとりまとめ。