NTTドコモの新プラン、損する人は?


NTTdocomo
意外と盲点になりそうなのが、データ通信を多く利用する人。旧プランでそのような人のための「Xiパケ・ホーダイ フラット」では7GBまで利用でき、月額5700円でしたが、新プランでは2GBまでの「データSパック」3500円、5GBまでの「データMパック」5000円しか用意されていません。5GBでは少なく7GBくらい使いたいという人は「シェアパック10」(10GB)を利用することになり、9500円と跳ね上がってしまいます。


[NTTドコモ]カケホーダイ&パケあえるで得する人、損する人 – 産経アプリスタ

ドコモ「カケホーダイ」の狙い──値上げになるケースも? – ITmedia ニュース

「カケホーダイ&パケあえる」かんたんシミュレーション | NTTドコモ

Check

  • 新プランの基本は「カケホーダイ」と「パケあえる」。待受が中心で、データ通信はしっかりと使いたい、そして家族で「パケあえない」ユーザーは値上げ。

  • Xiの一般プラン「タイプXiにねん(月743円)」だと、月49分以上話せば新プランがお得へ。

  • カケホーダイから1000円引きの「データプラン」も用意されているが、これだと音声通話は使えない。

  • Xi向けプランの受付は8月末に終了。既存ユーザーはそのまま利用可能で「ユーザーが多くいる限り」は続けるとの事。