【HealthKit】Apple、ウェアラブル健康端末を2014年10月に発表?


apple
Paczkowski記者は、Appleの計画に詳しい人物らの話として、同社が自社ウェアラブルデバイスを披露するために特別イベントを10月に予定したいと考えており、同デバイスが健康およびフィットネス情報収集アプリ「HealthKit」を活用するよう設計されていることを伝えている。同記者によると、この日程が変更される可能性はあるものの、現時点では10月が目標時期として定められているという。


アップル、ウェアラブル端末を10月に発表か–米でも報道 – CNET Japan

米アップルが計画する健康管理サービスの概要が5日、明らかになった。10月にも腕時計型のウエアラブル端末を発売する見通しで、睡眠や血中の酸素濃度など生体情報を集める方針。米有力病院や米ナイキとも提携する。腕時計型は韓国サムスン電子やソニーなど参入が相次ぐ激戦区。「真打ち」アップルの登場で有望市場の勢力図はどう変わるのか。


真打ちアップル、腕時計型で健康管理  :日本経済新聞

たとえばフィットネスアプリならば、ほかのセンサーが読み取った活動量を使うだけでなく、血糖やコレステロール、心拍数、睡眠時間、摂取カロリーなどを利用してさらに詳しいアドバイスができるようになります。

また医療機関が患者に提供する健康管理アプリならば、たとえば投薬の管理のほか、フィットネス用のセンサが得たVital情報を医師に提供することも考えられます。


WWDC 2014:iOS 8のHealthアプリ発表。健康・フィットネス情報を集約管理。アプリや機器間で共有連携 – Engadget Japanese

ウエアラブル戦略を大転換 ナイキ、アプリ注力で販促狙う – SankeiBiz(サンケイビズ)

Check

  • 腕時計型の健康端末を10月に発表?

  • 睡眠サイクル、血中酸素濃度、心拍数、消費カロリーなど様々な生体情報を収集。

  • 米国では有力な医療機関と提携。

  • ナイキの社外取締役でもあるティム・クック。ナイキは将来FUELBANDを撤退し「NIKE+」サービスに特化?