【2年連続】データ通信サービス顧客満足度1位UQ WiMAX、最下位ソフトバンク


ユーザーが事業者を選ぶ際、参考にするのは店頭での情報が多い結果になった。「店舗での説明」(41%)、「店頭や街頭で入手したチラシ/パンフレット」(17%)など、店舗での情報を参考にする傾向が強く、一方で「インターネット上の掲示板やブログなどの情報」(21%)、「回線事業者のホームページ」(19%)、「比較サイトの情報」(16%)などのインターネットの情報も重視されている。


データ通信サービスを選ぶ決め手は“店頭の情報”、J.D.パワー調査 – ケータイ Watch

jdp-search201406


J.D. Power – 出典 J.D.パワー アジア・パシフィック 2014年日本モバイルデータ通信サービス顧客満足度調査SM

Check

  • Wi-Fiルーター、USB端末などデータ通信サービス利用者3500人を対象に満足度調査。

  • 顧客満足度1位は、UQ WIMAXで2年連続。費用・端末・サポートで最高評価。最下位はソフトバンクでこちらも2年連続。

  • 選ぶ時の参考情報としては「店頭での説明」の役割が大きい。

  • 選ぶ基準1位は「料金プランがよかった」(41%)、2位は「加入特典がよかった」(25%)。