Samsung、右横に独立エッジスクリーン搭載の「GALAXY Note Edge」発表


Samsung-GALAXYNoteEdge000

Samsung-GALAXYNoteEdge001

Samsung-GALAXYNoteEdge002

Samsung-GALAXYNoteEdge003
本体の右側面を覆うようにカーブしたディスプレイを採用するGALAXY Note Edge。基本的な機能とスペックはGALAXY Note4とほぼ同等だ。GALAXY Note Edgeはそれに加え、このカーブした部分のディスプレイ=エッジ・ディスプレイ部分に様々な機能が加わっている。


IFA 2014:何が進化した? Samsungが「GALAXY Note 4」と曲面ディスプレイの「GALAXY Note Edge」をお披露目 (1/2) – ITmedia Mobile

「GALAXY Note 4」「GALAXY Note Edge」の特徴とは – ケータイ Watch

Check

  • メインディスプレイ(2560×1440ドット)にプラスして、右端に160×1440ドットの曲面ディスプレイを搭載。

  • 側面ディスプレイに、アイコンを置いてワンタッチ起動。メインとは別にサイドだけでボイスメモやストップウォッチなど独立した専用アプリも利用可能。SDKを提供予定。

  • 側面ディスプレイ部分に、SNSメッセージ、ニュース、天気予報、株価といった情報を流す事も可能。常に見えるように、GALAXY Note Edge用フリップカバーは右端が短く。

  • 日本国内で販売されるのかや時期などは現時点で不明。